Skip to content

学資保険の受取人が変わる場合

積立保険の種類の一つとして、学資保険というものがあります。学資保険というのはその名前の通り、学資を積み立てることが目的となっている積立保険ということになります。この保険の特殊なポイントは、契約を行う人と利益を受ける人が別であるということです。

契約を行うのは子供本人ではなく、子供の親となります。教育の費用は親が出すことになりますから、これは当然の構造だといえるでしょう。そして、その利益を受けるのは教育を受ける子供ということになるでしょう。とは言え、ある条件を除けば学資保険は親の元に振り込まれるため、実質的に必ずしもその目的のために利用されるとは限りません。

では、「ある条件」というのはどういった時でしょうか?それは、契約者である親が支払期間の途中で亡くなってしまった場合です。この場合、学資保険はその時点で保険料の支払いが必要なくなります。最終的に受け取れる学資自体は変わりません。この場合には学資は死亡した親ではなく、子供に直接振り込まれることになります。

学資保険はこういった死亡保障制度が付いていることにより、税制上生命保険として扱われ控除を受けることが出来るようになっており、節税にも有用です。

実態は貯蓄型投資だと考えて良い

個人年金を利用する人が増えているということをご存知でしょうか?そんなのは自分には関係無いと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、個人年金の利用というのは誰でも検討してみる価値があるものです。というのも、公的年金の3種だけでは、老後生活の資金を支えるのが難しくなってきているというのがその最大の理由です。

勿論、個人年金を用いずとも老後のための資金の用意を進めている、というのであればとやかくいうことはありません。これが重要になるのは、特に老後について自分で準備をしていない人です。貯金をしていないという人はなかなかいないかもしれませんが、運用をしているという人もまた少ないのではないでしょうか。

個人年金は保険という形を取っていますが、その実態は貯蓄型投資だと考えると良いでしょう。保険料として預けかお金を運用することで元金を増やすということが行なわれています。このことにより、預けたお金以上のお金を年金として受け取ることが出来るというのが大きなメリットだといえるでしょう。

景気の状況対応することもできるので、インフレ環境下でも問題なく利用できる年金を形成出来るというのが大きなメリットの一つとなります。

お役立ちサイトをご紹介します。
「損をしないための資産形成」http://www.faslaneg8.com/

お金を貯められない方は終身保険で積み立てよう

現在ゆとりある老後生活を送っている方々のほとんどは、勤め先からの退職金や公的年金によるものが大きいことでしょう。しかし、日本の数十年後はこの2つはほとんど期待できないと予測されています。

その原因はみなさんもご存知の通り、少子高齢化社会が今よりももっと深刻化されるからです。相当厳しいようですが、退職金や公的年金に代わるお金を自分の力で用意しなくて、老後の人生をゆとりあるものとして過ごすことは困難です。

しかし、この退職金や公的年金に代わるお金をどのようにつくっていけば良いのでしょうか?
そのための手段として終身保険が活用できます。終身保険というと死亡時や高度障害状態になった時に死亡保険金がもらえる保険商品ですので、意外に思われるかもしれませんが、終身保険は保険金を払い込んでいれば、その払い込んだ保険料よりもずっと多くの解約返戻金を受け取ることができるのです。

これまでの公的年金や退職金のように自動的に積み立てられるので、ついまとまったお金があると使ってしまう、という方にとっては非常に便利な運用になります。

投資信託などの金融商品に比べれば利回りは劣るものの、保障を受けながら貯蓄ができるので、メリットは十分でしょう。

安易に積立保険から掛け捨て保険に切り替えない

今は特定の保険会社の商品に依存せずに、来店型の保険ショップで複数の保険会社の商品の中から自分にピッタリの保険商品を選んで加入することができるようになりました。新規で加入する時にも利用されますが、それと同じくらいに保険を見直すことを目的として利用することが多いようです。
保険の見直しというと、保険料を節約するための手段として行うことをイメージされると思います。もちろん、そういった目的で保険を見直すことはありますが、必ずしもそれに限りません。

ムダな保険料が発生していたら、見直して現在の保険を改めて新たな保険に加入することも必要ですが、人によっては保障が足りていない、ということも出てきます。たとえば加入した時には独身だったものの、保険期間中に結婚したり、お子さんが産まれてきたら保障内容の見直しは当然必要になります。
積立保険を掛け捨て保険に切り替えれば、毎月積立てるの保険料は安くなります。しかし、保険料の安さだけに着目すると、満期保険金や解約返戻金は少なくなってしまうデメリットがあります。安いから積立保険から掛け捨て保険に切り替えるということではなく、元々必要だった返戻金がなくなるということは理解しなくてはいけません。

おひとりさまの自分年金

年金の積み立てを行っていますか?公的なものはもちろんのこと、老後のためにはそれ以外にも年金の積み立てを行っていかなければ、安定した生活を送れなくなってしまうかもしれません。

特に一人で生きていくと決めた女性は、早めに老後資金を貯蓄していきましょう。なぜなら、女性のほうが男性よりも長生きだから。老後の資金も余計に必要です。

公的な年金の支給額を把握していますか?驚くほど少なく感じるかもしれません。
公的年金の不足分を補うためには自分年金が必要不可欠です。早めに老後のために備えていけば、おひとり様でも不安に感じることはなくなるでしょう。

女性が一人で生活していくためには老後どの程度の金額が必要になってくるのでしょうか。65歳から平均寿命である87歳まで生きると考えれば、約2000万円は必要です。公的年金の支給額は定年まで働いていたとしても、月10万円程度です。具体的な数字を出していけば、自分年金をどの程度必要になってくるのかがはっきりと把握できるのではないでしょうか。

一人暮らしでも不安を感じない、楽しく老後を生き抜くためには大切なのはやはりお金。しっかりと準備して、老後を豊かに暮らしていきたいですね。そのためには今から準備を始めましょう。

年金の総合情報メディアはこちら!
↑年金に詳しくなりたい方にオススメです。

不動産バブルがやってくる!?

日本の土地なのですが、バブル時代の時価の高騰は恐ろしいものがありました。全国民のお金が有り余っていた状態だったにも関わらず、夢のマイホームなど、土地物件の高さについては別格の扱いをされていたのです。今の地価については、比較的安定していますのでマイホームはローンを組めば届くものになっています。

そんな現在の不動産投資業界なのですが、実はバブル期の地価高騰が再びくるのではないかといわれています。その要因となっているのがアベノミクスです。世界でも例を見ない大胆な経営戦略は、成功すれば再び日本はバブル期並の栄華を取り戻すことが出来るとされています。

その期待感からは、日本の輸出業にとって有利な円安方向へ為替は進んでいますし、日経平均株価についても立て直されつつあります。そして注目されし地価についても、アベノミクスから上昇傾向にあることが確認されています。第二の不動産バブルは現実的にありえる話なのです。

まだ土地の価格は、手が出しやすい範囲の値段といえるでしょう。今の内に不動産投資に参加しますと、安値で将来高額になりえる物件が手に入るチャンスです。いまのところ不動産投資については、注目度が低い投資ジャンルとなっていますので、参加するのは今が狙いといえるでしょう。

預金よりもよい資産形成

景気が低迷する日本では、資産づくりは大変なものとなっています。また、満足できる資産形成を行なうには、安全で安定したものを選ぶ必要があるとされています。

日本では、従来、銀行の預金や株への投資、国債購入、土地など、さまざまな方法で資産形成が行われてきました。しかし、これらが、資産として活用できたのは、バブル時代までといってよく、バブル以降は資産を失うケースが多くなり、現在では、大きな資産を作る方法もあまりなくなったといってよいでしょう、

銀行は不良債権の処理が優先され、企業の倒産も多く、いまは低金利時代が続いています。また、株価格についてもまだ不安定であることから、株によって資産を作ることは難しい状況となっています。

そこで、預金では、しばらく満足できる利息が付くとは考えられず、さらに、今まで貯蓄で人気があった定期預金においても同じことがいえるようになっているのです。預金では、金利1%を超えるものはほとんどなく、低金利の状況は資産づくりに向かなくなっているといってよいでしょう。

最近は、景気がよい地域や国の海外で投資を行なうことが増えています。海外投資であるなら、高い利息が期待できるようになるとされ、海外投資は資産づくりにおいては最適なものといわれています。

関連するブログを見つけたのでご紹介します。
「安定した資産形成ができる投資方法」
分かりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

教育費を計画的につくる学資保険

子供の教育費は結構かかるものです。大学までの教育費は公立でも1000万円も必要になるとされています。しかし、これだけの金額を負担するのは決して楽なものではありません。教育費については計画的に貯蓄するといったことも必要といわれています。

子供の教育費の負担を少なくするには、学資保険を利用する方法がありまあす。この方法は、保険会社に保険料を払い続けることで満期保険金受け取ることができます。学資保険では、子供の進学に合わせて学資金を受け取ることができるようになるので、計画的に子供の教育資金を蓄える方法として効果的なものとされています。

また、この保険は、子供の教育費のために積み立てるものですが、契約者である親などに、もしものことがあったときには保険料を支払うことなく、教育費が得られるという特例が付加できます。

そのことから、子供の教育費としては安心できる性質にあることから、契約者が死亡や障害を負った場合でも、保険料は免除になり、満期金や祝い金を問題なく受け取ることができることが特徴となっています

つまり、学資保険は、生命保険に似たような性格であり、保険会社によって、さまざまなプランが用意されているのです。

投資先の違いを理解する

初めて投資を行うというのであれば、断然お勧めしたいのは長期投資です。最近は一攫千金を目指すという目的のもとで投資を始める人も多くなっており、短期投資に比べて長期投資の影が薄くなってしまっているようですが、地味ではあるものの地道な効果を発揮することが出来る長期投資というのは決して短期投資に劣った投資方法ではありません。

長期投資というのは、できるだけリスクを減らしてリターンをえるということが重要になります。基本的に投資のリスクとリターンというのはトレードオフであり、これから逸脱することは少ないのですが、長期投資の場合リスクのコントロールが行い安いため、相対的に見てリターンが大きな運用というのが行い易い傾向にあります。

短期投資の場合には短期間で値動きを起こす銘柄を投資先として選定することになります。ベンチャー企業や中小企業などがターゲットとなることが多いでしょう。これらの投資先というのは長期投資にとっては適切ではありません。長期投資ならば、もっと大局的視点から見て成長している場所を選ばなければならないためです。

大企業などの方が長期投資の場合には投資先として優れていると言えます。こういった点にも、安心感の違いがあります。