Skip to content

投資先の違いを理解する

初めて投資を行うというのであれば、断然お勧めしたいのは長期投資です。最近は一攫千金を目指すという目的のもとで投資を始める人も多くなっており、短期投資に比べて長期投資の影が薄くなってしまっているようですが、地味ではあるものの地道な効果を発揮することが出来る長期投資というのは決して短期投資に劣った投資方法ではありません。

長期投資というのは、できるだけリスクを減らしてリターンをえるということが重要になります。基本的に投資のリスクとリターンというのはトレードオフであり、これから逸脱することは少ないのですが、長期投資の場合リスクのコントロールが行い安いため、相対的に見てリターンが大きな運用というのが行い易い傾向にあります。

短期投資の場合には短期間で値動きを起こす銘柄を投資先として選定することになります。ベンチャー企業や中小企業などがターゲットとなることが多いでしょう。これらの投資先というのは長期投資にとっては適切ではありません。長期投資ならば、もっと大局的視点から見て成長している場所を選ばなければならないためです。

大企業などの方が長期投資の場合には投資先として優れていると言えます。こういった点にも、安心感の違いがあります。